東京の新駅と駅前開発

リオ・オリンピックに沸いた今年の夏でしたが、次回の東京オリン
ピックが開かれる2020年に、山手線の新駅が誕生するのをご存知
でしょうか。

東京はもとより、日本の優れた電車事情の代表格とも言える
JR山手線。東京都内の地価としてもこの山手線圏内か圏外かで
大きく違いがあるくらい、経済的にも重要視されています。

この山手線30番目の新駅が完成すると、昭和46年にできた西日暮里
以来、約50年ぶりの新設ということになりますね。
しかも新駅を含めた周辺約13ヘクタールという敷地で、大規模な
駅前開発が進むので、東京にまた新たな巨大繁華街も誕生するの
だとか。

13ヘクタールと言えば、8.3ヘクタールの恵比寿ガーデンプレイス
よりおよそ1.5倍大きいことになりますね。
建設予定は全部で8棟で、そのうち3棟がマンション、5棟がオフィス
と商業施設の複合ビルになるそうです。
僕のWebコンサルの仕事にも経済効果を期待したいところ(笑)。

予定地ですが、山手線の南西部分、JR田町駅・品川駅の中間。
これまでこの2駅は圏内で最も駅同士が離れている区間だったそう
ですが、新駅は田町駅から1.3km・品川駅から0.9kmの場所。都営
浅草線の泉岳寺駅からも300mほどの距離になります。

気になる駅名は公募で決定するそうですが、果たしてどんな名前が
つくのでしょう。
東京オリンピックに向けて、東京都内の大規模な開発。楽しみ
ですね。

タグ

2016年9月7日 | カテゴリー:東京の出来事

スーパークールビズにもオーダーシャツ

「クールビズ」も最初はここまで浸透していませんでしたが、もはや
常識となりました。
冷房を抑えるエコ目的のクールビズに対して、さらに冷房を使用せず
過ごそうという目的の「スーパークールビズ」。

地球温暖化の影響かヒートライランド現象が進んでいるせいか、
年々東京の夏が東南アジア並みに暑くなっているように感じます。
そんな暑い東京において、冷房を使用しないでも大丈夫です、なんて
服装はもはやない気がしますが…

ノーネクタイやノージャケットのクールビズファッションに加えて、
スーパークールビズはかりゆしやアロハ、ポロシャツまでもがOKと
されています。
さらに驚くことに、節度ある着用であればTシャツやGパン、サンダル
といった、およそビジネススタイルとはかけ離れたファッションまで
OKが出ているらしいじゃないですか!

「節度ある」といっても、これらのラフなファッションは会社や
業界や職種によりますよね。
営業で客先を訪問するときに、いくら相手企業がアロハを着ている
会社であっても、こちらがTシャツで訪問するわけにはいかない
ですからね。

僕の好きなオーダーシャツも、仕立てる際には生地選びからする
のが楽しいのですが、最近のクールビズの影響か、夏用
オーダーシャツの生地は割とカジュアルに見える麻素材や麻の混在
生地が増えている気がします。

オーダーシャツの場合はもちろん、生地だけでなく全体のデザインや、
ボタンなどのディテールを自分で決めるのでラフにならない工夫が
いくらでも出来ますから。

そんなわけで、スーパークールビズファッションとしても
オーダーシャツを勧めたい僕なのでした。

タグ

2016年8月8日 | カテゴリー:東京でオーダーシャツ

オーダーシャツがお手頃に

まだ梅雨明けしてないというのに、連日のこの猛暑はいったい
どうしたというのでしょうか?
2016年の夏は世界的に暑さの記録を更新すると予測されているので
東京のこのくらいの暑さはまだ、想定内ですかね?

そういえば、1月前くらいにインドで記録的な猛暑になって
アスファルトが溶けたせいで、道を歩く市民のサンダルが
歩道にくっついて取れなくなっている様子をニュースで
見ましたが、東京でも梅雨明けにはそんな光景が見られるかも
しれません(笑)。

さて、最近になって知ったのですが、僕の大好きなオーダーシャツ
にも近頃はインフレが起こっていました!
なんと2990円!出ましたユニクロ。

オーダーシャツといっても、さすがにセミオーダー程度の選択肢
にはなりますが、サイズや色や微調整(ふだんのユニクロのMサイズ
だと首回りが少しきつい)を選んで注文するもの。
オンラインストアだけで買えるみたいです。

細かいカスタマイズはできいないけど、オーダーシャツを注文する
ときのあのワクワク感は味わえそうですね。

お値段はユニクロのようにお手頃とはいきませんが、それでも
細かい指定ができる方が良いので、このユニクロのオーダーシャツ
の存在を知った後だけどまた昨日、前からちょくちょくお願い
している店でオーダーシャツを作りました。夏用。

記録的猛暑の東京の街を快適に過ごせるといいな。

タグ

2016年7月7日 | カテゴリー:東京でオーダーシャツ

白のオーダーシャツと東京都知事のこと

またじめじめした梅雨の季節になりました。
こんな季節こそ風通しの良い生地のオーダーシャツですごしたい
と思い、昨日新たに白いオーダーシャツを注文しちゃいました。

雨で湿度が高いので、せめて仕事中爽やかな気分でいられるように
するためには白いオーダーシャツは有効。
今回は仕事で着られるように綿素材で、でも白だけだとさみしいので
ボタンホールなどにボタンと同じネイビーのさし色を入れてもらって
います。

オフの時専用なら麻の素材を選んで、Tシャツのアウターとして
着たいんですけどね。
オーダーシャツはなんかもったいなくて、いつも仕事で着られる
ものを作ってしまいます。貧乏性…(笑)。

ところで、このところ世間ではずっと舛添東京都知事の「カネに
セコい問題」で騒いでいましたが、昨日ようやく辞任することに
決まったそうですね。

東京都知事がお金の問題で辞任するのは前任の猪瀬さんに続いての
こと。お金が問題なのに、これでまた東京都知事選をするとなると
東京都の財政が切り崩されますよね。
そんなお金があるなら僕もふた月前に書いた「五輪オーダーシャツ」
(ポロシャツですが)を作り直してほしい(笑)。
あれやっぱりダサかったもの。

次の東京都知事、誰になるんでしょうか?
桜井翔くんのパパさんとか候補になってますが、どなたになるにせよ
個人的には次はセンスの良い人になってもらいたいです(笑)。

タグ

2016年6月16日 | カテゴリー:オーダーシャツ 東京の出来事

オーダーシャツにネクタイピン

先日知人(男性ですw)からブランド物のネクタイピンをいただき、
それ以来僕の中でタイピンが最近ちょっとしたブームになっています。

ネクタイピンってファッションと実用性を兼ね備えていてなかなか
便利なアイテムなんですよね。

東京でも最近すでに夏日、みたいに気温が上がる日もめずらしくないので、
ランチに行くときにラーメン屋とかスープパスタとか、ちょっとした
汁物やソースがかかっている食べ物を食べるときに、今までなら
ネクタイを片手で押さえるか、シャツの隙間に入れ込んでしまうか
だったのですが、タイピンがあればランチで汚れる心配が要りません。

特に秋冬はジャケットを脱がない方が良いような店ならまだしも、
春夏はだいたいランチタイムはジャケットを置いて外に出ますしね。
まあ、秋冬でもフォーマルな店以外なら脱ぐことも多いですから。

いただいたタイピンはシルバーのシンプルなデザインで、お気に入りの
オーダーシャツと合わせても、主張しすぎず納まってくれています。

ただ、これからの季節はもっとジャケットを脱ぐ機会が増えるので
オーダーシャツを見せると同時にタイピンにもこだわりたいです。
近々東京都内のデパートを周って、ゴールドとか、もっとかわいらしい
デザインのものとか、買い足そうと思っています。

熊本応援のためにクマモンのタイピン買おうかな(笑)

タグ

2016年5月2日 | カテゴリー:オーダーシャツ

五輪オーダーシャツ

近頃、舛添要一東京都知事の海外出張経費の高さが問題視されています。

2014年2月に舛添氏が東京都知事に就任して以降、8回行った海外出張の
経費の合計はなんと2億1300万円にもなるそうです。
1回当たりの費用にしておよそ2600万円。石原元知事のときの平均額を
1000万円上回っているうえ、同行する職員の多さも指摘されています。

舛添東京都知事といえば、少し前に東京オリンピックの観光案内人の
ユニフォームがダサい!その発表会見で並んでいる知事のスーツも何年前の
ものだ?とセンスを疑われる書き込みが、ネット界隈にあふれていました。

僕の好きなオーダーシャツ、ではなく、ユニフォームは「ポロシャツで」
という指定が東京都からあったようで、しかも藤江珠希さんがデザインした
ものから東京都がデザインを手入れしているため、藤江さんのセンスが
悪かったわけではなく、それを知ってからは世間でもデザイナーよりも
東京都の担当職員たちのセンスを非難しています。

「目立つ」という意味では正解なのかもしれませんが、このデザインで
OKを出したのは誰なんでしょうね?
センスを疑問視する声は挙がらなかったのでしょうか?

僕も、東京オリンピックのときには、訪れた外国人から笑われないように
かっこいいオーダーシャツを着こなしたいものです。

タグ

2016年4月13日 | カテゴリー:オーダーシャツ 東京の出来事

オーダーシャツにベストなおすすめ

近頃急に暖かくなってきました。桜の時期もそこまで来ているのでしょうね。

しかし、毎度季節の変わり目に悩まされるのが温度調節。
コートは薄手のものに変える、もしくは着ないにしても、ビジネスマンは
オフィス内で適温を作るのが難しくなりますよね。
冬もののスーツが良いか、さっさと春夏用の薄手のスーツに変えるか。

簡単にジャケットを脱いで終わり、でOKな会社なら楽ですが、社風や職種
によってはそれもできない人達も大勢います。

そんなビジネスマンのみなさんにおすすめの、オーダーシャツに合わせて
ほしいアイテムが「ベスト」。

そもそも、「スーツ」というのはジャケットとベストとパンツの3点セット
を指します。
オーダーシャツの上にベストを着てからジャケットを羽織っていれば、
少し暑くて上着を脱ぎたい時に、シャツ1枚よりも断然きちんとして
見えます。値の張ったオーダーシャツだけよりも、お手頃価格のシャツでも
上にベストを着ている方が落ち着いた印象を与えますよね。

さらに、着ヤセ効果もあるのがベストのいいところ。
淡い色のスーツ上下は太って見えることが多いですが、中に濃い色の
ベストを合わせれば、お腹まわりが引き締まって見えるので、メタボが
気になる方には特に使ってほしいアイテムです。

それに何より、オーダーシャツにこだわりのある僕としては、カーディガン
だとせっかくのオーダーシャツが隠れてしまうところ、ベストなら
見えるオーダーシャツの面積も広くなるのがうれしい(笑)。

みなさんも、寒さ対策としてではない、ベストのこの時期ならではの
使い方をしてみてはいかがでしょうか。

タグ

2016年3月8日 | カテゴリー:オーダーシャツ

オーダーシャツのボタンとボタンホール

先日、同僚が新しいシャツを着て来ていたのですが、ボタンホールの糸が
カラフルで、ベースは白なんですが派手すぎず清潔感もあり、かなり
うらやましくなりました。
もちろん、ボタンやそれをとめている糸も全体的なデザインを考えた
色合いで作られていたので、なかなか凝っていると思いました。

そういえば、ボタンやボタンホールも、オーダーシャツを作る時に重要な
ディテールです。

白蝶貝ボタン、高瀬貝ボタン、ポリエステルボタン、ラクトボタン、
ホーンボタン、メタルボタン…素材から分類しても実にさまざまな種類の
ボタンがありますよね。

さらに、ボタンにはそれに合ったボタンホールが必要です。
このホールをかがり縫い(て言うんだよね?)している糸の色で、同僚の
シャツのようにおしゃれな印象に変わるのです。
さらに、僕は好きなボタンのつけ方があって、オーダーシャツを作る時は
いつも「クロスがけにしてください」という指定をしています。

クロスがけというのは、4つあるボタンホールに対してXばってんになる
ようにボタンをつけるというもの。
ボタンはポリエステルの安いものを指定しても色が選べるので、ボタンホールや
ボタンの糸の色と組み合わせ次第で個性が出せる、いわばオーダーシャツの
こだわりどころです。

今持っている既成のシャツも、ボタンを取り換えるだけでシャツ全体の印象が
変わりますよ。
ちょっと面倒くさいけど(笑)

タグ

2016年2月3日 | カテゴリー:オーダーシャツ

オーダーシャツも買い時?

みなさん、ごぶさたしてすみません!
そして、新年あけましておめでとうございます!

…といっても、すでに今月も中旬に入っており、新年というには遅いんですが(汗)

ここ半年ほど、WEBコンサルの仕事で僕の担当が変わったり東京以外の増えたり、
とにかくちょっとバタバタしていたもので、しばらくこのブログも更新できて
いませんでした。が、2016年こそはここでオーダーシャツの魅力について、
コンスタントに書き続けていこうと思っているので、お付き合いいただけたら
ありがたいです。

さて、新年と言えば僕の住む東京の街は初売りやセールで毎年大賑わい。
僕のように「せっかく新しく買えるならシャツはオーダーシャツでしょ!」という
メンドーなこだわりがあるビジネスマンにはあまり福袋でスーツファッションを
ゲットする習慣はないと思いますが、オーダーシャツのショップでもセールが
行われいるところもあります。既製のシャツ同様、季節によって素材があるので
秋冬ものの素材に限られますが。

特に、ネットショップでもイージーオーダーシャツなどであれば、2着で¥~や
5着で¥~など、スーツチェーン店のようなお手頃価格で買えることもしばしば。
普段そう頻繁にオーダーシャツを作る余裕のない僕にはありがたい時代です。

といっても、本当に僕が気に入っている東京の某店ではあまり大々的なセールが
ないので、あの店でもセールはじめないかな~と年初めに願うのでありました。

タグ

2016年1月13日 | カテゴリー:東京でオーダーシャツ

梅雨と全然関係ない話

先日、東京も梅雨入りしてしまいました。
暑くてじめじめとした日々に突入です。
扇風機やエアコンが欠かせないですね・・・・・・。
どうも東京の夏は気温が高いというのも特徴的ですが、湿気が多い傾向があるのじゃないかと思います。
嫌ですね、高温多湿は。

こんな東京の梅雨を快適に乗り切るには、夏用の生地で仕立ててもらったオーダーシャツを着用して仕事をすることがポイントですね。
オーダーシャツは着心地が良くてすごく快適です。
まだオーダーシャツを試したことがない方は、早目にオーダーシャツを作ることをおすすめしますよ~。
ショップの店員さんが採寸してくれますし、デザインの提案もしてくれますのでオーダーは簡単です。
なんて、僕はスーツショップの回し者ではないです(笑)

ところで、全然話は違うんですが、自分はまだ東京スカイツリーに行ったことがないので、展望フロアから東京の街を見下ろしてみたいなと最近思っています。
あの高さからしたを見たら、恐ろしいような気もしますけど。
東京に住んでいるのにまだ一度も行ったことがないというのもアレなので・・・・・・。

個人的には、東京タワーの方が好きですけどね。
こちらは何度か行きました。
古き良き昭和の時代から平成にかけて立ち続けている東京タワーって、なんだか趣深さがある気がするんです。

タグ

2015年6月12日 | カテゴリー:東京の出来事